FC2ブログ

WCSで再評価を受けた魔術師達

しーしー

263.png
皆さんお久しぶりです!
WCSは大番狂わせが起きすぎてまさかの韓国勢が消えるという事態にまでなってしまいました。

どこが優勝してもおかしくない今年のWCS!

今回はWCSでのピックからか再評価を受けてピック率が伸びたチャンプを2体挙げ、ソロキューではどうなっているかなどを紹介しようと思います。

264.png
特にWCSの影響が顕著に表れたチャンプ、ルブランです。

WCSを見てる人は直近の試合で魅せられた方も多いことでしょう

265.png
引用サイト:GAMES OF LEGENDS

何このソロキューみたいな一人無双(´・ω・`)

このチャンプ自身に調整が入ったわけでもないのにソロキューではこの2パッチで大きくピックを伸ばしました。
確認しましたがまさかのほぼ全てのTierにてTOP5に入るmidピック率に・・・

しかも全てのTier対象なのにも関わらずデイリー統計での勝率は
266.png
51%を超えるガチOPぶり

プロの試合ではmidにサイオンやガリオ、リサンドラといったレーン戦でアサシンを腐らせて集団戦でアドバンテージを取りに行くという動きができますがソロキューにおいてはいかに個の力で圧倒できるかというのも出てくる為、純粋なメイジが多くピックされるようになった現環境において無双しやすいチャンプとなっています。

ただ、ルブランというチャンプ、低レート帯が使いこなせるわけがありませんよね?それでもこの勝率の高さというのもまぁお察しの通りスマーフ御用達チャンプとして使われている現状です・・・
ただでさえランク人口が他サーバーよりもかなり少ないJPサーバーなのにその人口比に対してスマーフや代行などの可能性があるアカウントが他サーバーよりも高いらしいです。(海外の記事を読んだ際にそんなことが書いてあったのですがうろ覚えです;)

現在のバンピックは数多くのチャンプをバンしなければいけないですがここまで明らかに統計に出てる以上カサディンやアカリよりも優先度の高いBAN対象なのかもしれません。

続いて、、、

267.png
DFMを応援していた皆々様が悔しい思いをしたチャンプだと思うので記憶には新しいと思います。リサンドラですね。
プレイインステージでのピックは2回でしたが本戦では既に17回(ガリオ、シンドラについで3位)ピックされています。


(開始位置をずらしてあるのでちょっと見てください)

いやぁ勝ちそうだったんですが見事なエンゲージでしたよ・・・C9にはぜひ優勝してほしいですね!

KRで騒がれていましたが高い防御性能と生存率の高さからアフターショックが今のリサンドラのメインキーストーンとして採用されています。
268.png

ワールズでもその傾向が強いみたいですね↓
269.png

日本での統計は
270.png
midでの順位としては15位ですが毎回確認している自分からするととてつもない上昇なんです。日によっては10位前後まで行く日もあります。

そもそも、海外ではリサンドラの評価は中堅くらいには強いということでそれなりのピック率があったのですが日本はあまり評価されていませんでした。
これは海外の評価に追いついた、という見解でいいんでしょうかね;

ソロキューとプロの試合は大きく勝手が違いますし、よりリサンドラを活かせるのは断然集団戦で息が合わせられるプロの試合なんですが個人的にはソロキューでもっと評価されてもいいのでは?と考えています。

CCが豊富ですしアサシン耐性もある、キャッチなどは味方にわかりやすいですから
まぁなんのチャンプを使うにせよ、ある程度の練習はしなくてはいけないんですがね;

ルブランもそうですがなかなかに今年のワールズはmidでのアクションが多く見られるためこの2体が印象に強く残っています。
残りの期間も目が離せませんね!



前回の記事「統計から見る8.19(前編)」は次の更新期間があまりにも長くなってしまったため(サボった為)追記形式でadc,supは19でどんな変化があったかを文章のみではありますが書きました。主に自分確認用ですね;
確認したい方は下記のリンクよりどうぞ
統計から見る8.19
後編を楽しみにされていた方々、大変申し訳ありませんでした。
また更新頻度を上げていけるよう頑張りたいと思います。今後もしし逃げのブログをよろしくお願いしますm(_ _)m

↓ブログランキングに参加しています。更新毎に押してってくれると嬉しいです。

League of Legendsランキング
スポンサーサイト
Posted byしーしー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply