FC2ブログ

隠密初心者に新デジャブは超有能!?

しーしー

254.png

DBDをやっている皆さんこんばんわぁー!今回はLOLではありません;
最近DBDにドハマりしているしーしーですノシ
大好きだったPUBGを100時間やって結構やってるつもりでしたが知らないうちにDBDは300時間近くやっていましたw

今回は初心者さんが色々なパークを使う中での一提案としてデジャブのすすめを記事にしたいと思います。

タイトル画像に載っているように最近デジャヴは新パークとして生まれ変わりました。
その内容の主旨というのが

《発電機の偏りを無くせる》

これにあると思います。

ではなぜ初心者の人にデジャヴをオススメするのかを説明していきましょう。

まず初心者サバイバーが育てなくてはいけないキャラはクローデット・モレルセルフケアを取らなくてはいけないから、というのは様々なサイトで言われています。
255.png

しかしこのクロちゃん、他のサバイバーに比べてチェイス(鬼ごっこ)性能が高いわけではありません。
メグの全力疾走やキングのデッド・ハードといったチェイス用スキルが乏しい代わりに味方への支援や黒人であり服装もマップによっては溶け込みやすいことから隠密で発電機直し係になりやすいです。

だから初心者のうちはきっとチェイス慣れをする前にセルフケアを取得する段階で勝手に隠密の動きに慣れていくはずなんです。

ここで初心者が覚えていかなくてはいけないことは

・各マップの構造をある程度把握
・発電機の出現にランダム性はあるものの大体の位置を把握


と、ここでは挙げるとしましょう。他に挙げたらキリがありません。
前置きが長くなりました。

まぁ文からかなりこじつけ感が出ますがこの2点はデジャヴにより早熟しやすいのです。

まず偏りを無くすこと
初心者のうちはとりあえず発電機があれば直そうとします。ランクが低いうちはそれでも別に気になりませんがランクが上がるにつれ、キラー側がそれを意識した立ち回りをすることで終盤で視認しやすい距離の中で偏らせれば時間がいくら経とうが実質キラー側の勝ちになります。

256.png

このように開始直後に見えた発電機だけでも中心付近に2つはあることがわかりますよね。
初心者サバイバーは積極的に端の発電機を直していきます。結果中心付近に複数台寄った出現パターンになってしまった時のキラーのゲームメイクは非常に簡単になってしまうのです。デジャヴはそこを補正して誰かがチェイスされているときに積極的にアプローチしていくことができます。これは隠密スタイル(発電機直し係)としてのレベルアップにつながります。高ランクがみんながみんなチェイスうますぎマンなわけがないんです。誰かは追いかけられ、その間に多くの仕事をしている人たちがいる。そのマクロへの理解度向上に一役買ってくれると思います。

そしてマップは各場所によって広さが全然違います
障害物が少ない代わりに視認が難しくなるような上記のマップや、サバイバー側が有利な障害物の多いマップなどなど、ある程度の予想のもと動けるというのは初心者から中級者へステップアップする際必要なことだと思います。

デジャヴは発電機の位置によってある程度のマップの距離感というのが分かってきます。このマップってここからここまで結構遠いだとかあんなところにも発電機でるの!?とかetc...

発電機が直るごとに新しい発電機の場所を視認させてくれるため、赴くごとにその場所がインプットされていき、自然と少ない距離で次の発電機までのルートなどが分かるようになってくるわけです。始めたてなどはまず発電機の大体の場所すらわからない+距離感などがつかめないのでそれをある意味透視して掴みやすいというのは大きな利点であると思います。

まとめますと・・・

マップの広さや距離感、発電機の大体の位置を掴みやすくなり、ある程度慣れてくれば積極的にマップ真ん中の発電機を直して偏りのケアをしてチームに貢献できる隠密マンになれる

名人様がわかない範囲で書いたつもりです(笑)
自分も隠密でやるときはたまーに使ったりしてます

良ければ隠密のパーク構成に困っていたりクロちゃんを育てていてとっておきたいパークがわからなかったりした際はぜひ、デジャヴを使ってみてください!

↓ブログランキングに参加しています。更新毎に押してってくれると嬉しいです。

League of Legendsランキング
スポンサーサイト
Posted byしーしー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply