FC2ブログ

タロンを知る(後編)

しーしー

182mado.png
前編ではバグ修正されたタロンの射程を理解し、強みを知るというものでした。
【前編はこちら

まだ色々ありますがとりあえず”タロン”というチャンプの代表的なものを挙げています。

後編ではコンボ例、そして対策といった点を何点か紹介していきます。

コンボパターン

ここでのコンボはレーン戦を基本としたものです。といっても初動がQなのかWかというところですが^^;

1.W往復+Q+AA+イグナイト
前編でも紹介した基本的なコンボです。Wの往復を受けてしまうとスロウがかかってしまう為、射程が伸びたQで飛んでくるのはまず間違いないでしょう。ここでハードCC持ちでない限り低レベル時ほぼ全てのチャンプはタロンとのダメージトレードに勝てません。

2.Q+AA+W往復+AA+イグナイト
異常な射程となったQによる奇襲スタート。前までは500という射程から大分前に出なくてはいけなかった為に相手に警戒されて間合いを詰めることができませんでしたが今はかなりこの動きも出来るようになってきました。
Qスタートの利点は1よりも多くAAを入れるタイミングが増えるということ。ただしWをゼロ距離で打つ為、相手が横にそれたらそれに合わせて自分も一緒にズレてWの返りを当てなければいけないというちょっとした慣れが必要です。
これがしやすくなったのはレベル2,3でのキルポテンシャルがさらに伸びたと言って良いでしょう。

3.フラッシュ+〇〇
コンボと言えるかは微妙ですがタロンはファーストブラッドを取ることにかなり秀でている為、序盤からフラッシュの大安売りです。パッシブを発動させる上でAAを最後に入れなくてはいけないので3スタック溜まったけど相手がフラッシュやCCでAAを入れられなかった際の一押しに役立ちます。

加えてQの強さも地味に引き立ちます。
フラッシュ+最大射程Qも十分に強力な選択肢となりますが飛びつくだけが全てではありません。

183mado.png
タロンの近接Qには確定のクリティカル判定も入っているのでダメージを出したいならフラッシュ+近接Qを狙うのも1つです。

ローム時にultを打って相手に近づき、近接Qを入れたワンコンはキル成功率が格段に伸びるので飛びつきQは相手がフラッシュを切って追撃したい場合に限り、ultの2.5秒インビジブル状態を最大限活かしましょう。
徒歩で近づける範囲内なのに飛びつくのは少々もったいないです。

対策

1.ミニオンの横の位置取り

184mado.png

185mado.png
これは色々なチャンプが対面の際に言えることですがミニオンのそばでCSを取っていると相手がAoeスキル持ちであればミニオンのCSを取る時と一緒に相手チャンプにもハラスが出来ることが理想であるはずです。

これはタロンでも同じことで、Wを使わないとAAもしくわQ(低射程)でCSを取らないといけないので比較的に押されやすくなります。レベル2でFBを狙いに行きたい場合、WでちょこちょこハラスしてHPを削っておきたい所。でもWをミニオンに当てながらCSを取るようにしないとレベル2先行が出来ない可能性がある。だからミニオンとチャンプ両方にWが当たらないような位置取りをしなくてはいけません。

逆に考えれば低レベル時のタロンのWは往復入れても後衛ミニオンはAA1発分のHPが残ってしまいます。メレーであることに変わりないのでAAを入れに前に出てくる所にハラスをして体力差を作り、入って来られないようにしましょう。

2.レベル1は攻め時
タロンのパッシブはレベル1では潰れていると言っても過言ではありません。使うチャンプにもよりますがレベル1でのダメージトレードであれば比較的勝ちやすいので最序盤に差を付けておけばレベル2で入ってくるのは困難になります。
ゼロ距離での殴り合いは流石にADチャンプなのできついですがメイジなどであればカイトしながら積極的にハラスしていっても良いでしょう。

3.対アサシンサポートと自陣のワーディング
特にロームはボットレーンに来ますよね?ここで腕の見せ所は当然ながらサポートです。タロンが見えている際のサポートのピックとして強いのは口酸っぱく様々な記事で紹介していますジャンナ、ルル、モルガナといったハードCC持ちの対アサシンサポート、特にルルは今までタロンを使ってきてかなりやりづらいイメージがあります。

各チャンプのタロン対策はこのスキルにこれを合わせるとか書いていると流石に長くなってしまうので省きますが共通して言えるのは早めの赤トリを買うことにあると思います。オラクルがレベル9でなくても買えるようになりましたね。
インビジブルはタワーでしか視界化されませんがオラクルでは赤く位置を表示できるのであとは飛びつく方にCCでの支援などをすれば比較的生存する可能性が伸びます。

そしてここのワード
181mado.png
これはケインやザックといった特殊なガンクルートを持つチャンプへの対策として様々な情報サイトで紹介されていますがタロンも例外ではありません。
ここにワードを置けば多少なりとも危険を察知するのが早まるので回避することが出来ます。

加えて言えば中盤以降jgとsupで自陣の視界を明るくしておけるとなお良いでしょう。
タロンは孤立している柔らかいチャンプを赤トリを持って敵の通りそうなブッシュで待機していたり、常に壁抜け高速ロームで狙っています。
アサシンに共通して言えますが孤立してはいけないですね。早めのグループで当たりに行ったほうが敵も腐りやすいです。


参考になりましたでしょうか?

今回の対策は結局のところタロンというよりアサシンというカテゴリーに対して有効な手を多く書いているのでアサシンメタの現在では知っておいて損はない知識だと思います。

ちょいおまけですがタロンを出した時にカウンターとしてこいつを出されたときは禿げ上がりました(笑)
186mado.png

今はムンドが強すぎることからALLADの構成でもいいくらいになっており、アサシンメタ、そしてバグ修正とタロンにとっては追い風ビュービューの環境となっています。
ADCやSUPは相手のピックを見て、適宜ピックや立ち回りで対策していかなくてはならないでしょう。

どうしても嫌だということであれば最終的にBANという選択肢もありますしランクを登っていく上での1意見として取り入れてもらえれば幸いです。

↓ブログランキングに参加しています。更新毎に押してってくれると嬉しいです。

League of Legendsランキング
スポンサーサイト
Posted byしーしー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply